ようこそゲストさん

色々日記(ざ・めも)

2016/01/13(水) 春M(SpringM)からExcel2016が起動しない

2016/01/13 21:18 PC(全般)
インターネットから取得したExcelファイルを春M(SpringM)から起動したExcel2016で開こうとすると、
「メモリまたはディスクの空き容量が不足しているため、ドキュメントを開いたり、保存したりできません。」
と出て開けない問題。

環境はWin7 Pro SP1 64bit+Excel2016。

エクスプローラ→Excel

エクスプローラ→コマンドプロンプト(cmd.exe)→Excel
で起動した場合は問題なく表示できる。

最近のExcelはインターネットから取得したドキュメントは保護ビューで開く。どうもこのときにだけ何かがおかしくなっている模様。セキュリティセンターの設定を変更すれば保護ビューは無効に出来るが、これはやりたくない。

英語で検索すると、Excelでこのメッセージが出る問題はわんさか出てくる。
解決方法も色々(要は原因が特定できない)。原因が特定できるメッセージを出してほしいよなあ。

今回の場合、親プロセスで違いが出ているのは間違いない。UAC周りか環境変数が疑わしい。

表示できる場合と出来ない場合で環境変数等に違いは見られず。
グループポリシーとかアクセス権変更では上手くいかず。

Office 2013 - Word Error (24) - Excel - Not enough memory - Microsoft Community
を見ると、互換性周りで直ったという人がいるので、

SpringMを、
互換性のトラブルシューティング -> 推奨設定を使用する
で起動してみる。するとそのSpringMから起動したExcelでは問題なし。
ただし、SpringMを再起動するとダメ(設定保存してるはずなのに!)。

SpringM起動前に、sc stop "PcaSvc"すると問題なし。
ただし、やはりSpringMを再起動するとダメ。

互換性のフラグ周りで変なことになってる模様。

互換性設定どこかでしていたような気もしたので、
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\AppCompatFlags\Layers
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\AppCompatFlags\Compatibility Assistant\Persisted
内の、springmの項目を削除。

でも症状変わらず。

これはもうプログラム互換性アシスタントがその仕様レベルでExcel2016とぶつかってるという考えの方が正しいようだ。
プログラム互換性アシスタントを一旦止めることにする。

Windows 8.1ミニTips (100) 「プログラム互換性アシスタント」を制御する●つの方法 | マイナビニュース
を参考に、Program Compatibility Assistant Serviceを無効化。

コマンドラインから、
sc qc "PcaSvc"
で、START_TYPEがAUTO_STARTからDISABLEDになったのを確認。
SpringMを再起動。

無事、SpringM→Excelから保護ビューで開くようになりました。

久々にMicrosoftクソだなと思いました。特にMicrosoftのフォーラムがノイジーすぎるあたりが×。

終わり。

名前:  非公開コメント   

  • TB-URL  http://dt8.jp/cgi-bin/adiary/adiary.cgi/0575/tb/