ようこそゲストさん

色々日記(ざ・めも)

2013/11/27(水) 電子書籍雑感

2013/11/27 11:08 PC(全般)
2013年11月現在のお話。

一応一通りショップ調べたけど、汎用性のKindleと画質のebookJapanという構図でよさそう。

[参考]
週刊少年ジャンプデジタル版の画質をKindle版とeBookJapan版で比較してみた : 見て歩く者 by 鷹野凌
電子書籍の情報をまとめてみる

以下、個人的な使い方とあれこれ考えたことを書き連ねる。

私個人としては、マンガと小説を徐々に電子書籍にシフトしたいという感じ。重くてかさばる技術書や技法書を移行するのが一番いいのだが、課題が結構ある。

・現在の電子書籍(和書)はほぼ全てがDRMあり
・DRMありである以上、読書アプリは固定
・ほとんどの読書アプリがサムネイル表示機能を有しない。ページ移動や動作が重いものも多い。

好きなところから読んだり、ぱらぱらめくって興味を探す的な用途には酷く向かない。他方、先頭から連続的にしか読まないようなデータ、特に小説類では現在の電子書籍でもそこそこの満足が得られそうだ。

将来的に、DRMが無くなってepubやpdfでの提供になればユーザは好きに高機能な読書アプリを選択できる。

DRMが無くなってもフォーマットコンバート手段が出てこない可能性はあるが…… ま、メジャーなものについては誰かが何とかするだろう。たいていのものはepubをDRMの皮でラップしたものだろうし。

DRMフリーのものについては好きにフォーマット変換するのは当たり前のようだ。下のアプリケーションなどが有名どころ。
calibre - E-book management

さて、私が毎号買っている月刊アフタヌーンが電子書籍化した。
1000ページ級の巨人漫画誌アフタヌーンがスマホ&PCで毎月読める「アフタヌーン電子版」配信開始! - アフタヌーン公式サイト - モアイ

大手のコミック誌が継続的に電子書籍を発行するようになったのは一つのマイルストーンと言えるだろう。

アフタヌーンはかさばるわ重いわで電子書籍化のメリットが大きい。電子書籍という物を理解するにもいい素材と判断して移行を決断。なにも考えずに、メジャーどころのKindleで買ってみた。

Kindle版はぶっちゃけ解像度が低い。フキダシは読めるが、ルビやマンガ以外の記事はかなり苦しい。Kindleアプリの最大拡大率が低いこともあって今私が使用しているデバイスではマンガ以外の記事はちょっと読めない。

参考サイトにもあったがebookJapanの方が画質はずっと良さそう。
アフタヌーンではKindle版181.0MBに対して、ebookJapanは238.4MBである。この容量差がそのまま解像度に換算されていれば、縦横それぞれ1.15倍程度の差がありそうだ。

Android Kindleアプリは使い勝手が悪い。
最大拡大率が小さい、サムネイル表示が出来ない、ページジャンプまわりのI/Fが奇っ怪。

良いところもある。複数の端末で最終ページを同期できるのは実本よりも便利だろう。

トータルでは、最初から最後へ読み進めるタイプの本(小説とか)で、文字データならかなり良さそうではあるが、画像タイプの本では不満の方が多い。

一方ebookJapanはというと、使い勝手が聞くだに厳しい。電子書籍を保持できるのは常に1端末。別の端末に移すにはいちいちebookJapan経由で書籍を"トランクルーム"に返す必要がある。とてもやってられそうにない。買って比較するのが正しいのだが、ちょっと意欲が湧かなかった。

どちらを軸にするかを考えると、まあ使い勝手でKindleかなと。

将来的にDRMが無くなるか緩くなってくれば、解像度が高い側で買い直すということは考えられる。

あるいは解像度アップや複数データサイズからの選択制に踏み切る電子書籍書店が出て来るかもしれない(一応amazonに解像度アップの要望は出した)。

どうせ数年内にKindle for PC(日本版)が出て来ると思うので、そこら辺で状況が変化してくると思う。

どこをどう考えても、amazonやAppleが先行してDRMを取っ払い、日本企業が置いてかれて、海外商店の大勝利という構図は見えている。なんだか悲しい。

ま、状況が変わるまではとりあえずアフタヌーンを軸に少量Kindleで買っておきアンテナを張るくらいでいいかな。

名前:  非公開コメント