ようこそゲストさん

色々日記(ざ・めも)

メッセージ欄

2015年7月の日記

一覧で表示する

2015/07/27(月) 春M(SpringM)でSusie Plug-inが使用できない

2015/07/27 15:00 PC(全般)
春M(SpringM)で、Susieプラグインが使えなくなった問題。

以下前提。

SpringMの組み込み画像ビューア(pview)は、自動的にSusieプラグインを読み込んで使用してくれる。

プラグインのディレクトリはオプション等で指定出来ない。
SpringM上でハードコーディングされたSusieのレジストリを見にいっているようだ。

で、本題。

現在、Susieのサイトで更新されている最新β版Susie

Susie 0.50 beta3(Jan 15,2013)

は内部的にはSusie2扱いで、レジストリの場所・構造・生成タイミングが旧Susie(〜0.47)と違う。

[〜0.47]
HKEY_CURRENT_USER\Software\takechin\Susie
※起動初回に生成

[0.50〜]
HKEY_CURRENT_USER\Software\takechin\Susie2
※インストール時に生成

SpringMは旧Susie(〜0.47)のレジストリしか見に行かないため、SpringMでSusieプラグインを使用する場合は1度旧Susieを1回起動してやる必要がある。それから新Susie(0.50〜)に更新するか、新Susieとは別に旧Susieを入れっぱなしにしておくかは任意。

幸にして、まだSusie32 ver0.47bが公開されているのでこれを利用すること。

一度旧Susieを起動してしまえば、レジストリには残りっぱなしなのでディレクトリ移動をしない限り問題は起きない。
Windows再インストールの時など、環境作り直し時にはまる可能性があるので注意。

2015/07/09(木) logbackでサイズローテートしない

2015/07/09 14:53 PC(プログラミング)
logbackでログがファイルサイズでローテートしない問題。

Java1.7 + logback-1.1.3

条件は実行時間が短いバッチのようなプログラム。

もともと↓の記述にしていたのだが、ローテートしてくれなかった。
[logback.xml]
  <appender name="FILE" class="ch.qos.logback.core.rolling.RollingFileAppender">
    <file>./logs/hoge.log</file>
    <rollingPolicy class="ch.qos.logback.core.rolling.FixedWindowRollingPolicy">
      <fileNamePattern>./logs/hoge.%i.log.zip</fileNamePattern>
      <minIndex>1</minIndex>
      <maxIndex>3</maxIndex>
    </rollingPolicy>
    
    <triggeringPolicy class="ch.qos.logback.core.rolling.SizeBasedTriggeringPolicy">
      <maxFileSize>5MB</maxFileSize>
    </triggeringPolicy>
    <encoder>
      <pattern>%d{yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS} %-5level [%thread] %logger\(%F[%L]\) - %msg %n</pattern>
      <charset>Shift_JIS</charset>
    </encoder>
  </appender>
調べてみると、logbackのSizeBasedTriggeringPolicyはI/O負荷対策のためファイルサイズを毎度チェックしにいかない。デフォルトでは16回に1回であり、16回ログ出力して初めてサイズチェックに行く。ログ出力の頻度が多いと間隔を開け、頻度が少ないと間隔を狭める。

今回のプログラムは16回ログを出すフローがほとんどない。実行時間も短いため、間隔調整の恩恵も受ける暇がない。親切ではあるのだが、プロセス内の初回はチェックするなど対策が必要に思う。

このプログラムごく短時間で起動->終了し、ログの出力回数・起動頻度とも高くない。毎回チェックとしたい。

[logback.xml]
    <triggeringPolicy class="foo.bar.CustomSizeBasedTriggeringPolicy">
[カスタムクラス]
package foo.bar;

import java.io.File;

import ch.qos.logback.core.rolling.SizeBasedTriggeringPolicy;
import ch.qos.logback.core.util.FileSize;

public class CustomSizeBasedTriggeringPolicy<E> extends SizeBasedTriggeringPolicy<E> {

	String maxFileSizeAsString = Long.toString(DEFAULT_MAX_FILE_SIZE);
	FileSize maxFileSize;

	public CustomSizeBasedTriggeringPolicy() {
	}

	public CustomSizeBasedTriggeringPolicy(final String maxFileSize) {
		setMaxFileSize(maxFileSize);
	}

	@Override
	public boolean isTriggeringEvent(final File activeFile, final E event) {
		//オリジナルのisTriggeringEventでは発火しないことがあるため、ログ書き出しごとにチェックする
		return (activeFile.length() >= maxFileSize.getSize());
	}

	@Override
	public String getMaxFileSize() {
		return maxFileSizeAsString;
	}

	@Override
	public void setMaxFileSize(String maxFileSize) {
		this.maxFileSizeAsString = maxFileSize;
		this.maxFileSize = FileSize.valueOf(maxFileSize);
	}
}
isTriggeringEventだけいじったクラスを作成してやって、logback.xmlでそちらを見るようにしてやる。

とりあえずこれで動くことは動く。

2015/07/09(木) LogbackでプロセスIDを出力

2015/07/09 13:25 PC(プログラミング)
logbackでプロセスIDを出す方法。

Java1.7 + logback-1.1.3

あまりいい方法が見つからなかったが、とりあえず出りゃいいやまではできた。

起動コマンドなりスクリプトなりがいじれるのなら、SystemProperty経由で設定・取得する方法が使える。

[起動コマンド]
exec java -Dpid=$$ -jar /foo/bar.jar
[logback.xml]
<pattern>%d{yyyy/MM/dd HH:mm:ss} [${pid}] %level %msg%n</pattern>
-Dpid=$$で、プロパティ:pidにプロセスIDをセット、patternに${pid}と記述してやるとlobackの機能で出力できる。
もちろんUnix環境限定。

なお、シェル側のプロセスIDがほしい場合は、execを外し直接javaコマンドをたたく。
java -Dpid=$$ -jar /foo/bar.jar
Webアプリケーションで動いている場合は、何がしかプロセスIDに相当するものがSystemPropertyにいると思うので${}でそれを拾えばいい(はず)。

本当なら、ManagementFactory.getRuntimeMXBean()で取得するのが正解のようだが、その場合PatternLayoutをカスタムしてコンバータをいじって… とやらなければいけない気がする。規模によってはさすがに大仰か。

[参考]
Igor Minar's Blog: How a Java Application Can Discover its Process ID (PID)