ようこそゲストさん

色々日記(ざ・めも)

メッセージ欄

2009年8月の日記

一覧で表示する

2009/08/03(月) Linux→Windowsリモートコマンド操作

2009/08/03 25:48 PC(Linux)
LinuxからLAN内のWindowsのコマンドをリモート実行したい。
telnetやsshでもいいっちゃいいのだが、ちょっと大仰かなと。

ということでWin32->Win32のpsexecに該当する機能を探していたところ、winexeというのがあるらしい。

samba4の機能なの? ちょっとわからなかったのだが、悪いものではなさそうなのでとりあえず単独でインストールすることにした。リポジトリになかったので、本家サイトからダウンロードして入れる。debian的にはリポジトリにないものを入れるのはどうなのだっけ? まあいいや。

参考こちら
fujishinko 雑記帳 : LinuxからWindowsをリモート制御する

本家サイト
winexe homepage :)

GLIBCのバージョン違いでさすがにバイナリそのままでは起動せず。ソースからコンパイルした。完全に本家サイトの"Compile from sources"そのまんま。

autoconfなかったので、インストール。
# aptitude install autoconf
コンパイルはこれだけ。結構時間かかる。色々やってるなあ。
# wget http://eol.ovh.org/winexe/winexe-source-081123.tar.bz2
# bunzip2 winexe-source-081123.tar.bz2
# tar -xvf winexe-source-081123.tar
# cd winexe-source-081123
# ./autogen.sh
# ./configure
# make proto bin/winexe
テスト。
# ./bin/winexe -U User_Name%PassWord //192.168.YYY.XXX "ipconfig"
結果の記載は割愛するけど成功。すごい、あっさり表示した。

これはちょっと感動だなあ。いや、代替手段はいくらでもあるとは思うんだけどね。でも一手の省略がちょっと凄い。

[2009/08/06追記]
GUIアプリを動かすときは --system --interactive=1とするといいらしい。

Ultr@VNCなんかはそれでいけた。

1: 『tar -xvf winexe-source-081123.tarという ディレクトリはありませんと出てきます』 (2015/01/12 19:49)

2: urara 『現在winexeはeol.ovh.orgでは公開されておらず、http://sourceforge.net/projects/w...』 (2015/01/14 14:36)