ようこそゲストさん

色々日記(ざ・めも)

メッセージ欄

2007年12月の日記

一覧で表示する

2007/12/15(土) WindowsXPの修復セットアップ後にWindows Updateができない

2007/12/14 25:05 PC(全般)
サブマシンのマザー入れ替えに際してWindowsを修復セットアップすることでごまかしたのだが、そのあとWindows Updateが通らなくなっていた。

具体的には以下のような状況になる。

Windows Updateすると、以下のダイアログが表示される。



一部の更新プログラムはインストールされませんでした



そして更新できない。
 更新の失敗
更新プログラムのインストールに関するトラブルシューティングついては、各問題の説明に表示される解決方法を参照してください。

問題: 詳細については、 更新履歴 を確認してください。
Windows Genuine Advantage 確認ツール (KB892130)
インストールに失敗しました 

エラー コード: 0x80080008  

更新プログラムをインストールし直すか、次のいずれかのリソースからサポートを利用してください。 
セルフ ヘルプ オプションは次のとおりです。

よく寄せられる質問 

解決方法の検索 

Windows Update ニュースグループ 
サポート オプションは次のとおりです。

Microsoft Update お問い合わせ窓口 (更新プログラムに関する問題の場合は無料) 

印刷 | 閉じる  
そしてエラーメッセージを検索しても何も出てこない。なおかつMSのサイトからは何ら有益な情報は入手できなかった。

で、ネットをさまよっていたら、対処法が書かれているサイトを発見した。

http://www.kotaete-net.net/Default.aspx?pgid=14&qid=40147567026

http://shoden-hougagu.blogspot.com/2007/08/windows.html
要は、Update Agentのバージョンが狂っているのがいけないらしい。え、それの整合性を取る方法がWindows Updateで提供されてないってどういうこと?

対処法は、

http://support.microsoft.com/kb/937383/ja
から、windowsupdateagent30-x86.exeをダウンロードし、

windowsupdateagent30-x86.exe /wuforce (/wuforceは不要かも)

とする。これでなんの問題もなくWindows Updateが通るようになった。


しかし、改めて思うがMSのサポートページは何かがおかしい。該当kb/937383を見るに、特定のエラーコードに対してUpdate Agentの更新が効くかもとしか書いていない。エラーコードと対処法があたかも1対1関係のように示されている。

ユーザが余計なことをしないようにするのが正しいサポートだというMSの基本概念に従えばこれも1つのスタンスなのだろう。しかし、ならばエラーコードをもっと徹底的に縛っていただきたいのだ。エラーメッセージと問題と解決方法を完全に対応させてほしい。しかし、今回は「なぜかうまくいきませんでしたエラー」のようなものが出てしまった。このサポートページの書き方では、そのエラーから解法にたどり着くのは容易ではない。

Update Agentのバージョン違いでWindows Updateができなくなることがあります、と書いてその事由を説明するようにしておいてくれれば、もっと早くたどり着けたのに。