ようこそゲストさん

色々日記(ざ・めも)

メッセージ欄

2005年4月の日記

一覧で表示する

2005/04/27(水) 作業ログの取り方

2005/04/27 21:00 PC(Linux)
今の私の基本的なunix系OSのいじり方は、Windowsからputtyを使っての操作。
それを前提に、なんか色々なログ取り方法があるらしいので調べてみた。

・puttyのログ機能を使う
 今まではこれ。シェルによっては空白が飛んだり、テキストファイラーの画面は崩れるが、設定さえしておけば勝手に取ってくれるしファイル名にホストや時間もつけられるので管理が楽。

・screenのログ機能を使う
 screenメインで作業する人はこっちなのかな。screenは使わないので分からない。

・scriptコマンド
 ほとんどのUnix系OSにデフォルトで入っている。使い勝手は悪くないのだが、吐いたファイルにエスケープシーケンスなども混ざってしまうのでちょっと掃除するのが面倒。

・ttyrec
 scriptコマンドの上位版という感じなのだが、NetHackやFDの画面もカラーごと記録できる。しかし、記録ファイルは視認性がないし、再生の使い勝手は今ひとつ。停止、巻き戻し、無作業部ジャンプとかないとログという意味ではきつそう。遊んだり見せびらかす分には面白い。今度再生ソフトでも作るかね?

・vnc2swfとかx11rec
 Xのウィンドウを録画する。x11recなんかは意外とサイズ小(アニメgif)。

・劇場版 ディスプレイキャプチャー あれ
 Windowsのウィンドウを録画する。多分サイズでかいだろうなあ?(MPEG1?)

結論としては、やっぱりputtyのままひっぱることにした。ttyrec使ってみたけれども、まあ楽しいのだが作業ログとしてはいまいち。

#050503追記 前言撤回。puttyのログは相当化ける。これではちょっと使い物にならない。カットアンドペーストで頑張るか……
 

2005/04/18(月) fetchmailが連続してメールをとってきてしまう

2005/04/18 18:00 PC(Linux)
fetchmailが某所から同じメールを何度もダウンロードしてきてしまう問題。

uidlを使うと良いらしいというので、
/root/.fetchmailrcに
uidl
の1行を追加。

さてどうなるか。

2005/04/16(土) cron.dに入れたファイルが実行されなかった理由

2005/04/16 22:00 PC(Linux)
cron.dに入れたファイルがきちんと実行されなかった問題。

なんと行末に改行が無かった所為だった。行末には必ず改行を入れること!
その他、debian限定? ファイル名は[a-zA-Z_0-9\-]+以外読んでくれないという噂。

確認。cron.d/内のファイルは編集後自動的に読み込んでくれるので、cronの再起動等の必要は無し。チェックは1分おき。

syslogを見るとloadはされているのに、何で動かないのか分からなかった……

2005/04/16(土) <pre>の改行がちゃんとしてないね

2005/04/16 18:00 PC(全般)
KShikiで<pre>を使うと1行空け改行が反映されない?
ああそうか、<pre>の中身の改行も<br>に変換されてしまうんだ。
そうすっとIEでは改行見えませんねと。

Mozilla系なら…… ああ、overflow……

まあいーやー。そのうちpre-wrapでなんとかなるんでしょう。保留保留。

2005/04/16(土) cronのメール投げを止める

2005/04/16 18:00 PC(Linux)
spamがcronに埋もれても困るので、本格的にcronからのメールを止めることにします。MAILTOに空白を指定すればメールが止まるのは以前書いたとおり。

/var/spool/cron/crontabs/root
/etc/crontab

のそれぞれに
MAILTO=""
の1行を追加。

止まったようです。

2005/04/16(土) fetchmailインストール

2005/04/16 17:00 PC(Linux)
spamassassinなどのテストのために、通常使用しているメールをサーバに一度キャッチさせIMAPの方へ廻すことにする。今のところ、チェックのみでそっちをメインにはしない。

[1]fetchmailのインストール
いつも通りaptで済ます。
# apt-get install fetchmail
[2]qmailの調整
fetchmailはデフォルトではローカルホスト(localhost)に投げる。今の設定ではlocalhostが自アドレスだと認識させていなかった。あとでmdaの設定もしたので無くても良いかもしれないが、qmailの設定に追加しておく。

/var/qmail/controlに
localhost
の1行を追加

忘れちゃいけないqmail再起動。
# /etc/init.d/qmail restart
[3].fetchmailrcで設定。
あとで/etcに移すが、今は間に合わせで/rootに置いておく。

/root/.fetchmailrcを作成し、以下の内容とする。
set postmaster urara
set nobouncemail

defaults
protocol pop3
keep
no mimedecode
smtphost localhost

poll dd.iij4u.or.jp
user urara
password ********
is urara here
mda "env QMAILQUEUE=/var/qmail/bin/qmail-scanner-queue.pl /var/qmail/bin/qmail-inject urara"

poll mail.big.or.jp
user urara
password ********
is urara here
mda "env QMAILQUEUE=/var/qmail/bin/qmail-scanner-queue.pl /var/qmail/bin/qmail-inject urara"
パーミッションを600に変更。

基本的に下のサイトの設定まんまだが、mdaに注意。
envでQMAILQUEUEを設定しないと、qmail-scannerを通らない。

[参考サイト]
http://www.aconus.com/~oyaji/mail2/fetchmail.htm

[4]テスト
iij4u,big-netアドレスにメールを送り、fetchmailを手動起動して
# fetchmail
メールがurara@dt8.jpに送信されることを確認。X-Spamヘッダが付いているかどうかなどqmail-scannerを通っていることを確認。

問題なし!

[5]cron設定
当面spamassassinがちゃんと動いているかどうかを知りたいのがメインなので色々考えたが、cronに5分おきでチェックさせクライアントのメーラーなどの自動ダウンロードは切っておくことにする。

で、/etc/cron.dで設定しようとしたのだが、どこをどうやっても動いてくれない。どうやらcron.d/は根本動いてないようである。こいつは保留して、しゃあないので、

/var/spool/cron/crontabs/rootに
0-59/5 * * * * /usr/bin/fetchmail
と書いたところ、ちゃんとチェックしてくれるようになった。

なお、debianの場合cronは/var/log/syslogにlogを吐く。

さあて、欲しいときにスパムが来ないな……

2005/04/16(土) SpamAssassinインストール(ハマリ編)

2005/04/16 5:00 PC(Linux)
ログがもう整理できる状態にないので、覚え書き程度に。

[1]ハマリ1

SpamAssassin's spamd daemon is incorrectly installed. You need to run it as:

spamd -F 0 ....

Please try again.

qmail-scannerを./configureしたときにでたエラーメッセージ。-Fオプションを指定していなかった。

[2]ハマリ2
Something like spamc for SpamAssassin detected - but not correctly installed
(didn't include a "X-Spam-Status: Yes" line in output) - ignoring...
同じくqmail-scanner ./configure時にspamassassinが見つかったが、ちゃんと動いていないよというエラー。

モジュールが足りていないので、
spamassassin -t < sample-spam.txt
とテスト起動して、足りないモジュールをチェック。
Can't locate HTML/Parser.pm in @INC (@INC contains: lib ../lib /etc/perl /usr/local/lib/perl/5.8.4 /usr/local/share/perl/5.8.4 /usr/lib/perl5 /usr/share/perl5 /usr/lib/perl/5.8 /usr/share/perl/5.8 /usr/local/lib/site_perl . /usr/bin/lib /usr/bin/site_perl) at lib/Mail/SpamAssassin/HTML.pm line 32.
BEGIN failed--compilation aborted at lib/Mail/SpamAssassin/HTML.pm line 32.
Compilation failed in require at lib/Mail/SpamAssassin/Message/Node.pm line 42.
BEGIN failed--compilation aborted at lib/Mail/SpamAssassin/Message/Node.pm line 42.
Compilation failed in require at lib/Mail/SpamAssassin/Message.pm line 49.
BEGIN failed--compilation aborted at lib/Mail/SpamAssassin/Message.pm line 49.
Compilation failed in require at /usr/share/perl5/Mail/SpamAssassin/NoMailAudit.pm line 18.
BEGIN failed--compilation aborted at /usr/share/perl5/Mail/SpamAssassin/NoMailAudit.pm line 18.
Compilation failed in require at /usr/bin/spamassassin line 134.
BEGIN failed--compilation aborted at /usr/bin/spamassassin line 134.
HTML/Parserで怒られてるので、足りてないのは多分これ。
# apt-get install libhtml-parser-perl/testing

なお、sample-spam.txtはspamassassinのソースから取ってきた。これ以外にソースは使わなかったので、今にして思えばわざわざaptで取ってこなくてもという感じ。取ってくるときには例のごとく、
# apt-get source spamassassin
(注:カレントに放り込まれます)

[3]ハマリ3
これが一番きつかった。
# spamassassin -t < sample-spam.txt

error: rule 'GB2312_CHARSETContent-Type' has invalid characters (not Alphanumeric + Underscore)
error: rule 'X_MACKY_ID_PRESENTexists:X-Macky-ID' has invalid characters (not Alphanumeric + Underscore)
error: rule 'X_MACKYCATCODE_PRESENTexists:X-MackyCatCode' has invalid characters (not Alphanumeric + Underscore)
error: rule 'X_MACKYMEDIA_PRESENTexists:X-MackyMedia' has invalid characters (not Alphanumeric + Underscore)
error: rule 'X_MAILER_PRESENTexists:X-Mailer' has invalid characters (not Alphanumeric + Underscore)
Net::DNS version is 0.19, but need 0.34dnsavailable-1 at lib/Mail/SpamAssassin/Dns.pm line 1230.
Failed to run ROUND_THE_WORLD SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_round_the_world_received" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run DIFFERENT_REPLY_TO SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_spam_reply_to" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run CTYPE_JUST_HTML SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_content_type_just_html" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run LOTS_OF_CC_LINES SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_lots_of_cc_lines" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run FROM_NAME_EQ_FROM_ADDR SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_from_name_eq_from_address" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run BAD_HELO_WARNING SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_bad_helo" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run FROM_AND_TO_SAME SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_from_to_equivalence" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run KNOWN_BAD_DIALUPS SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_bad_dialup_ips" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run NO_MX_FOR_FROM SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_from_mx" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run SUBJ_MISSING SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "subject_missing" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run DATE_IN_FUTURE SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_forward_date" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to compile URI SpamAssassin tests, skipping:
        (Illegal declaration of anonymous subroutine at /etc/spamassassin/20_uri_tests.cf, rule MAILTO_TO_SPAM_ADDR, line 10.
)
Failed to run LINES_OF_YELLING_3 SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_num_yelling_lines" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run BALANCE_FOR_LONG SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_very_long_text" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run LINES_OF_YELLING SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_yelling" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run LINES_OF_YELLING_2 SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_num_yelling_lines" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run BASE64_ENC_TEXT SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_for_base64_enc_text" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Failed to run RAZOR_CHECK SpamAssassin test, skipping:
        (Can't locate object method "check_razor" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at lib/Mail/SpamAssassin/PerMsgStatus.pm line 2312.
)
Can't locate object method "handle_auto_report" via package "Mail::SpamAssassin::PerMsgStatus" at /usr/bin/spamassassin line 231.
またモジュール不足かと思ってあれこれやってみたのだが、
# apt-get install libnet-dns-perl/testing
とか、全く解決しない。

で、"Can't locate object method"と"PerMsgStatus"で海外のサイト調べたところ、設定ファイル等含めて全部消してインストールし直せと言う。あれこれやってるうちにどうも以前のバージョンのと色々混ざったらしい。
# dpkg --purge spamassassin
# rm -r /etc/spamassassin
# apt-get install spamassassin/testing
あ、うごいた。

[参考サイト]
http://article.gmane.org/gmane.mail.spam.spamassassin.devel/15172
http://article.gmane.org/gmane.mail.spam.spamassassin.general/60241/m
atch=+usr+share+perl5+mail+spamassassin+permsgstatus+

[4]ハマリ4
# ./configure

Hit RETURN to create initial directory structure under /var/spool/qmailscan,
and install qmail-scanner-queue.pl under /var/qmail/bin:
perlscanner: generate new DB file from /var/spool/qmailscan/quarantine-attachments.txt
perlscanner: total of 9 entries.
で、行ったまま帰ってこない。暴走。

qmailのulimitの値を12288まで上げると。
# ./configure
うーん、今度はインストールは完了。テストをすると……?
# contrib/test_installation.sh -doit

Sending standard test message - no viruses...
done!

Sending eicar test virus - should be caught by perlscanner module...
qmail-inject: fatal: qq temporary problem (#4.3.0)
Bad error. qmail-inject died
途中で落ちてしまいます。メモリ不足??

その後swapを弄ったらいつの間にか解決してしまいました。多分、swapが設定されていなかった事による単なるメモリ不足であったのでしょう。

2005/04/16(土) qmail-scanner(SpamAssassin インストール編)

2005/04/16 5:00 PC(Linux)
Qmail Scannerによるメールスキャンのインストール。
〜SpamAssassinインストール編〜

SpamAssassinはRBLやBayesを利用する多機能スパムフィルタだ。

今回はこれをqmail-scanner経由でqmailから使えるようにしてみる。

同種のソフトにbogofilterやbsfilterがある。SPamAssassinの良いところはNSに基づいた細かい設定や協調型フィルタリングデータベース(rbl)の利用(その分設定ファイルは異常に長く複雑であるが)が行えるところだろう。その分bogofilterなどに比べると動作速度は遅い(という噂)。単にベイジアンフィルタとして使いたいだけなら、bogofilterの方が早いという情報は良く出てくる。

SpamAssassinをインストールする前に大きなRBLに関しては事前にどれを使うか決めておく必要がある。デフォルトで使えるrblは主に以下3つ。

razor,pyzor,DCC

pyzorは登録が厳しすぎ、DCCは逆に登録が甘すぎるという話で、Razorが一番使い易いらしい。今回はRazorのみ使用する。

[1]Razorのインストール
# apt-get install razor

Sorry, but the following packages have unmet dependencies:
  razor: Depends: libdigest-sha1-perl but it is not going to be installed
         Depends: libnet-dns-perl but it is not going to be installed
         Depends: libtime-hires-perl (> 1.20-3)
         Depends: libmailtools-perl but it is not going to be installed
依存関係で怒られて入らない。またもやperl5.6<-->5.8問題? 怪しいところで以下をピックアップしてインストール。
# apt-get install libdigest-sha1-perl/testing
# apt-get install razor/testing
今度は入った。

Razor用の設定ファイルを作成するために以下のコマンドを打つ。
# razor-client
# razor-admin -d -create -home=/etc/razor
[2]SpamAssassinのインストール
ログが大混乱しているので、ハマリは別記事にかいた。これは正当手順(と思われるもの)。

(1)
いつも通りaptで取ってくる。
# apt-get install spamassassin/testing
モジュールが足りてないようなので、
# apt-get install libhtml-parser-perl/testing
# apt-get install libnet-dns-perl/testing
(2)
設定ファイルで、spamassassinを有効にする。
/etc/default/spamassassin

ENABLED=0

ENABLED=1
に書き直す。

注意!:/etc/init.d/spamassassinのENABLEDを書き換えても動かないので注意

/etc/default/spamassassin
OPTIONSに-F 0を追加

(3)
spamdを動かす
# /etc/init.d/spamassassin start
(4)
qmail-scannerを生成し直す。qmail-scannerインストールの記事を参照。
# ./configure --lang ja_JP.EUC --admin root --scanners clamdscan,verbose_spamassassin --notify recips,admin --domain dt8.jp --install
テスト。
# contrib/test_installation.sh -doit
このテストで通常メール1通と、ウィルス告知メール2通と、スパム判定されてスパム本体が添付に入っているメール1通が送られてくればインストール成功。

[3]SpamAssassin設定
(1)設定調査
SpamAssassinの設定ファイルで日本語もケアしているもので探したところネット上で2つ発見した。

unix-power
http://www.unix-power.jp/linux/local.txt
tlec
http://tlec.linux.or.jp/docs/user_prefs

自分のところに来たメール30通ほどをそれぞれこの設定で処理にかけ、良い方をベースに調整していくことにする。

テストに使用したメールは、ham側(hamは非スパムメールのこと)はDMやMLを中心に誤判定されそうなものをピックアップ、spam側はいくつかは誤判定されそうなものを入れるようにしたが基本的には無作為抽出した。

テスト結果は以下の通り。
 --spam--
   unix-power	tlec
1	22.9 	34.5 
2	26.8 	35.0 
3	20.8 	23.2 
4	13.8 	23.9 
5	10.6 	15.8 
6	13.7 	19.3 
7	28.1 	35.4 
8	22.7 	28.3 
9	 6.4 	 9.8 
10	 9.9 	17.0 
11	 5.6 	13.9 
12	19.9 	28.5 
13	15.4 	30.3 
14	12.4 	19.3 
15	24.3 	27.8 
16	 7.6 	11.9 
17	 7.8 	12.1 
18	20.4 	25.0 
19	15.8 	16.0 
20	 0.2 	10.4 

 --ham--		
1	 6.4 	10.9 
2	 5.5 	 7.6 
3	 0.5 	 5.4 
4	12.9 	12.9 
5	 5.9 	 7.8 
6	-1.4	 2.2 
7	 6.3 	11.2 
8	-2.4	 2.8 
9	 6.3 	 9.2 
10	-0.4	 3.0 
11	 3.0 	19.1 
SpamAssassinは各テストの結果をスコアとして加算し最終的にそのメールのスパム/非スパムを判定する。表の数字はスコアだ。

色々考えたが、tlecのものをベースに少し弄ってみることにする。

(2)調整
tlecの出力結果&設定ファイルと延々にらめっこした結果、tlecの設定では

・x-mailerの点は高すぎる。
・SJISNOTXMAILERの点は高すぎる。
・Razor関係の点は低すぎる。
・BLARS関係の点も若干低い。
・URIBL関係の点も若干低い。
・required_hitsは低すぎる。

ということがわかった。このあたりを調整すればいいのだが、下2つ

・BLARS関係
・URIBL関係

はどうやら怪しいRBLだからわざと点が低くしてあるらしい。となると気になるのがRazorの信頼性だが、自分が試した31通では

Spam is Spam 19/20
ham is Spam 0/11

と非常に優秀。

設定ファイルには、「Razor2は間違えることがあるから個別にはあまり点を与えません」と書いてあるのだが、Razorのみに頼っていい気がする。SpamAssassinの評判が悪いのは、Razorの初期点が低いことにあるのではないだろうか(SpamAssassinはDCCやPyzorも使うことを前提としているが、あまりみんなやらない)。

X-MAILERはX-MAILERヘッダをチェックするルールであるが、最近のスパムはあまりつけてこない上にX-MAILERルールには一般的なDM、ML送信ソフトも含まれているようなのでスコア下げ。

SJISNOTXMAILERはXMAILERヘッダが無くbodyがSJISの場合起動するが、普通のbodyがSJISのパターンでも2.0与えているので、ここまで攻撃的にするのはきつすぎると判断しスコア下げ。

hamが全部はいる範囲にrequired_hitsを調整。本当はもう少し点を高くすべきなのだろうが、ham11がspamと判定されても致し方ないような酷いメールなのと、spam19がspam判定されないのはちょっと問題のように思える内容だったので15を採用。

合わせて、auto_learnのthresholdも調整。

結局以下のようにした。

required_hits 8.0 -> 15.0
X_MAILER 7.0 -> 3.0
SJISNOTXMAILER 7.0 -> 2.0
RAZOR2_CF_RANGE_51_100 2.5 -> 7.0

また
error: rule 'GB2312_CHARSETContent-Type' has invalid characters (not Alphanumeric + Underscore)
error: rule 'CONTENT_TYPE_PRESENTexists:Content-Type' has invalid characters (not Alphanumeric + Underscore)
error: rule 'X_MAILER_PRESENTexists:X-Mailer' has invalid characters (not Alphanumeric + Underscore)
とエラーが出るので(単に空白が足りてない)、それも修正した。

添付になるのはいまいちなので、report_safeとrewrite_headerを弄ってsubject書き換えに変更。
3.0と2.0系で指定方法が若干変わっているので注意。
[参考]
http://itc.sfc.keio.ac.jp/announce_open/20050124-spamassassin.html


以下、(元) http://tlec.linux.or.jp/docs/user_prefsと(修正後)/etc/spamassassin/local.cfのdiff。
81c81
< required_hits 8.0
 ---
> required_hits 15.0
128c128
< header GB2312_CHARSETContent-Type =~ /charset=['"]?GB2312['"]?/i
 ---
> header GB2312_CHARSET Content-Type =~ /charset=['"]?GB2312['"]?/i
180c180
< score X_MAILER          7.0
 ---
> score X_MAILER          3.0
451,453c451,453
< header CONTENT_TYPE_PRESENTexists:Content-Type
< describe CONTENT_TYPE_PRESENTexists:Content-Type
< score CONTENT_TYPE_PRESENT-0.1
 ---
> header CONTENT_TYPE_PRESENT exists:Content-Type
> describe CONTENT_TYPE_PRESENT exists:Content-Type
> score CONTENT_TYPE_PRESENT -0.1
1243,1245c1243,1245
< header X_MAILER_PRESENTexists:X-Mailer
< describe X_MAILER_PRESENTexists:X-Mailer
< score X_MAILER_PRESENT0.1
 ---
> header X_MAILER_PRESENT exists:X-Mailer
> describe X_MAILER_PRESENT exists:X-Mailer
> score X_MAILER_PRESENT 0.1
1261c1261
< score SJISNOTXMAILER 7.0
 ---
> score SJISNOTXMAILER 2.0
1323c1323
< score RAZOR2_CF_RANGE_51_100 2.5
 ---
> score RAZOR2_CF_RANGE_51_100 7.0
2787a2788,2790
> # urara add 05/04/16
> bayes_auto_learn_threshold_nonspam 0.5
> bayes_auto_learn_threshold_spam 30.0
>
> report_safe 0
> rewrite_header subject [SPAM(Score=_SCORE_)]
この設定で先ほどの31通を再テスト。
 --spam--
1	42.8 
2	39.8 
3	29.2 
4	29.8 
5	24.1 
6	25.2 
7	40.0 
8	35.9 
9	17.3 
10	23.1 
11	24.8 
12	37.0 
13	37.5 
14	26.8 
15	35.8 
16	20.6 
17	20.8 
18	34.0 
19	16.2 
20	25.0 

 --ham--	
1	10.9 
2	 7.6 
3	 5.4 
4	10.0 
5	 7.8 
6	 2.2 
7	11.2 
8	 2.8 
9	 9.2 
10	 3.0 
11	14.1 
ギリギリだが全てham is ham, spam is spamになった。

これで当分運用してみる。そのために、メインのメールをこっちに廻さないと行けないのでそれはまた次回。

最後に忘れないように、spamd用に再起動。
# /etc/init.d/spamassassin restart
注意)
・spamdは再起動しないとコンフィグを読み込まない。
・spamassassinは/etc/spamassassinの*.cfを全部読み込むようだ。

[参考サイト]
わかりやすいのはここ2つかなあ
http://www.kuri3.net/modules/bwiki/?SecureMail
http://www.unix-power.jp/linux/qmail-scanner.html

http://blog.momo-i.org:81/archives/2004/12/
http://cgipocket.com/newhtml/linux/qmail2.html
http://www.nishnet.ne.jp/anti-spam.html
http://www.aconus.com/~oyaji/suse/spamassassin_suse.htm
http://ssss.jp/~trombik/email/spamassassin.html
http://lab.sakasta.com/unix/spamassassin.html

[設定の出所]
http://tlec.linux.or.jp/topic.html
http://www.unix-power.jp/linux/local.txt

[bogofilterの話とか]
http://uva.jp/dh/mt/archives/000509.html
http://hotwired.goo.ne.jp/webmonkey/2003/09/index2a_page4.html

[日本版のRBL]
http://www.rbl.jp/

[日本語訳]
http://www.fkimura.com/SpamAssassin1.html <-最初にここ知ってればねえ。ちょい古ではありますが
http://ssss.jp/~trombik/eng/

[後付でbayesっぽく使う方法]
http://www.siscom.or.jp/spamassassin.html

2005/04/07(木) STL

2005/04/07 15:00 PC(プログラミング)
Cの標準テンプレートライブラリ(STL)をまともに使ったことが今まで無かった!

今度勉強しよう……

ところで、正規表現はいつ標準実装になりますか。